カテゴリー: 未分類

つまらないために

節水トイレのような最新式のトイレであっても、トイレのつまりを100パーセント無くす事はできません。それは水洗トイレという構造上不可能なことだからです。しかし、トイレをつまらないように注意して利用する事によって、トイレがつまる可能性を最小限にするという事はできます。その為には、どうしてトイレがつまってしまうのかをしっかりと理解しておく必要があるのです。

ティッシュトイレがつまる原因が、トイレを設計した方の想定と違った方法で使用している事です。例えばトイレットペーパーが無かったからといって、ティッシュで代用してしまうと、トイレットペーパーのより水で溶けにくいティッシュペーパーは流れずに排水管でつまってしまうのです。

他にも猫のフンであったり、猫砂など水に溶けにくい物を日常的に流しているような場合には、どうしてもつまりやすくなってしまいます。市販の猫砂の中には、トイレで流せる事をうたっているアイテムなどもあるのですが、猫によって一度の量が異なりますし、トイレ掃除の頻度も異なります。その為、流す量もまちまちになってしまいますので、必ずしも大丈夫という事ではありません。トイレにとってストレスの少ない使い方をする事がとても重要になってくるのです。

節水トイレとつまり

トイレ最近建てられたアパートやマンションなどの賃貸物件に多いのが節水トイレです。水道料金などは家計に直接的に負担になってきますので、一日に何度も使用するトイレを節水にする事によって経済的な負担を少なくする事ができます。しかし、こちらの節水トイレの口コミなどをチェックしていたりすると、水の流れが悪いといった口コミであったり、トイレがつまりやすいといったマイナスなイメージのある口コミを見かけたりもします。

節水トイレは、口コミのようにつまりやすいのかというと決してそうではありません。節水トイレは少ない水で効率的に流れるように水が上から下へ流れる重力の力をフル活用する事ができるサイフォン現象を上手に利用した構造になっております。サイフォン現象を計算して造られていることに加えて、水を効果的に流れるように便器の表面部分の摩擦を最小限にできるようにツルツルに加工されております。この二つの工夫によって、水の流れる力を強くしているだけでなく、汚れが付着しにくいといった洗浄力が強くできるようになっているのです。その為、口コミで見かけるような水の流れが悪かったり、つまりやすいといったマイナスな要素は問題ないと言えます。

トイレの構造が原因

トイレットペーパートイレの構造が原因でつまってしまうような場合には、排水路が大きく関わっている可能性があります。この排水路とは、汚物を洗浄水とともに排出させる便器の内側の通路のことで、排水路の直径が大きければ大きい程、大量の汚物やトイレットペーパーを流す事ができますのでつまりにくくなるのですが、その分勢いをつけるために大量の水も必要になります。

限られた水の量で効果的に排水させるようにするためには、ある程度の大きさに計算して設置する必要があります。基本的に水の量を少なくするためには、排水路の直径を小さくすればよいのですが、あまりに小さくし過ぎてしまうと今度は汚物やトイレットペーパーがつまりやすくなってしまいます。

そのため、トイレ本来の構造や排水管の長さや設置する形、位置などによってしっかりと綿密に計算しておく必要があるのです。もちろんこの綿密に計算されているものが販売されているので問題はないのですが、使い方が推奨されている使い方ではなく、自分のルールで行ってしまっているような場合には、どうしてもトイレに対して余計な負荷がかかってしまっておりますので、日々の負荷が積み重なってある日突然にトイレのつまりの症状がでてしまうのです。

トイレのつまりと原因

トイレ忙しい時に限って起きてしまう水回りのトラブルの中でも特にトラブルの頻度が多いのがトイレです。トイレは水回りの中でも特に利用頻度の多い分野になりますのでどうしてもトラブルに発展しやすくなっているのです。トイレのトラブルでも特にトイレのつまりはおきやすくなっており、注意しなければいけないポイントになってきます。特にトイレに関しては、お風呂やキッチンなどの水回りとは違い、老朽化したからつまるといったわけではなく、新築のアパートやマンションなどにある節水式の最新トイレなどでもつまってしまう可能性もありますのでより注意が必要になります。

トイレがつまってしまう時には、何の前触れなく急にトイレのつまりが発生した場合や、以前から水を流す度にゴボゴボと異音がしたり、流した時の流れ方が少し前からおかしかったりなど色々なパターンがあります。実はこれらの要因は全て別の事が関わっている可能性が高くなっております。

前触れなく急にトイレのつまりが発生したような場合には、便器に何らかのトラブルが起きている可能性がありますし、少し前から流れ方がおかしかったり、ゴボゴボと異音がしたような場合には、便器ではない部分の問題かもしれません。色々なトイレのつまり方があり、それぞれに原因が異なっておりますが、それらの原因をカテゴライズする為には、ある程度トイレの構造を理解しておく必要があります。そこでこちらのページでは、トイレの構造を知る事によってつまりの原因を理解できるような情報をご紹介します。